Top > にんにく卵黄サプリQ&A > にんにくと卵黄なぜ一緒にとるの?

 にんにく卵黄サプリQ&A にんにくと卵黄なぜ一緒にとるの?

にんにくと卵黄を一緒に摂取する効果

にんにくと卵黄を一緒に摂取する効果の口コミ・体験談情報

にんにくと卵黄を一緒に摂取する効果が期待されています。アリシンとビタミンB1の結合物質のアリチアミン。ビタミンEと同じ働きをする脂質アリシン。血管が詰まらないように、悪玉コレステロールに働くアホエンやレシチンなどです。

にんにくと卵黄を一緒に摂取する効果は、アリシン・ビタミンB1・レシチンなど、豊富な栄養成分の働きが大きいようです。

スタミナ野菜の「にんにく」に含まれる成分やビタミンなどと結合してできる有効成分を紹介します。
アリシン・アイリン・アホエン・アリナーゼ・アリチアミン・スコルジン・ゲルマニウム・メチルアリルトリスフィドなどがあります。

「卵黄」の主な成分は、レシチンとビタミンEです。
「卵黄」から作られる卵黄油は、不飽和脂肪酸やリノール酸を中心としています。

これらの成分が、にんにくと卵黄を一緒に摂取する効果をアップさせています。

次に、にんにくと卵黄を一緒に摂取する効果について紹介します。

アリシンとビタミンB1の働き

にんにく卵黄にはアリシンとビタミンB1が含まれています。
アリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンという物質になります。

アリチアミンは、ビタミンB1と同じような働きをします。

ビタミンB1と同じ働きをするアリチアミンは、エネルギー代謝時に重要な働きをします。

アリチアミンの消化吸収率は、ほぼ100%です。

アリチアミンは血中での蓄積が効きます。

アリシンとビタミンB1と結びついたアリチアミンの効果が期待できます。
にんにくと卵黄を一緒に摂取する効果は、続けて飲んでいれば実感できます。

脂質アリシンの働き

脂質アリシンは、アリシンと脂質が結びついたものです。
ビタミンEと同じような働きをする脂質アリシンの働きには、血管内の老廃物を除去して毛細血管を拡張する働きがあります。

脂質アリシンは、「卵黄」に含まれるレシチンと相乗的に作用して、血行促進を強力に改善します。
にんにくと卵黄を一緒に摂取する効果では、脂質アリシンとレシチンの相乗効果も期待できます。

コレステロールを減らす働き

「にんにく」に含まれるアホエンには、血管が詰まらないようにする働きがあります。
コレステロールが多い食品を「にんにく」と一緒に食べると、血中のコレステロール値が上がらないといわれています。

「卵黄」に含まれるレシチンの中のコリンは、血管壁の悪玉コレステロールを除去する善玉コレステロールを増やす働きがあります。

動脈硬化や高血圧などが改善できれば、重大な病気を回避できます。
にんにくと卵黄を一緒に摂取する効果を、短期間で期待するのは無理です。

病気や不調になる前に飲み始めることが大切です。
にんにく卵黄は、続けることがポイントですね。

1
HOME
お試しセット