Top > にんにく卵黄の効果 > 胃潰瘍・胃弱

 にんにく卵黄の効果 胃潰瘍・胃弱

にんにく卵黄と胃潰瘍・胃弱

にんにく卵黄と胃潰瘍・胃弱の口コミ・体験談情報

にんにく卵黄は、胃潰瘍・胃弱の改善にオススメです。アリシン・イオウ化合物・ビタミンE・アリチアミンが、ストレス改善やヘリコバスター・ピロリ菌の抑制に役立ちます。ストレスを溜めない生活習慣と正しい食習慣への改善も大切です。

にんにく卵黄は、胃潰瘍・胃弱改善にも良い健康食品です。
にんにく卵黄は胃潰瘍・胃弱改善にオススメですが、生のにんにくは刺激が強すぎるので食べ過ぎに注意しましょう。

生のにんにくを食べ過ぎると、腹痛が起きることがあります。
生のにんにくを食べすぎて、胃やお腹の調子を悪くした経験はありませんか。

胃が弱っているときや、胃潰瘍をわずらっている時は、生のにんにくを食べるのは避けたほうが良いですね。

にんにく卵黄が、胃潰瘍・胃弱改善に良いとされている理由を紹介します。

アリシンやイオウ化合物が、胃潰瘍・胃弱改善に効果

アリシンやイオウ化合物は、次のような働きがあります。

  • 糸状菌・大腸菌・ヘリコバスター・ピロリ菌などの殺菌作用
  • ヘリコバスター・ピロリ菌などが出す毒素の中和作用

ヘリコバスター・ピロリ菌は、人の胃の中に住んでいる細菌です。
ヘリコバスター・ピロリ菌は、胃潰瘍・十二指潰瘍の原因の一つです。
胃の粘膜に住み着いて、胃の粘液の下にもぐりこんで胃酸から逃れています。

ヘリコバスター・ピロリ菌を、アリシンやイオウ化合物が抑制します。
にんにく卵黄に含まれる、アリシンやイオウ化合物が胃潰瘍・胃弱の改善に効果を発揮するようです。

アリチアミンと亜鉛も胃潰瘍・胃弱の改善に役立つ

胃弱や胃潰瘍の原因には、生活習慣と食習慣もあります。
ストレスや暴飲暴食や喫煙習慣なども、胃腸の調子を悪くする原因です。
胃腸の調子が悪い人は、生活習慣や食習慣の乱れの改善や、ストレス解消も大切ですね。

ストレスを溜めない生活習慣・正しい食習慣・にんにく卵黄で、胃潰瘍・胃弱改善しませんか。

「にんにく」に含まれるアリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンという物質になります。
アリチアミンや亜鉛は、神経過敏・ストレス・不眠を改善します。

にんにく卵黄でストレス改善できれば、胃潰瘍や胃弱の改善できそうです。

アリシンは、脂質アリシンになって胃潰瘍・胃弱の改善のために働く

「にんにく」に含まれるアリシンは、脂質と結合して脂質アリシンになります。
脂質アリシンはビタミンEと同様の働きをします。
「卵黄」にもビタミンEが豊富に含まれています。

ビタミンEは血流をスムーズにする働きがあります。

「にんにく」の脂質アリシンと「卵黄」のビタミンEが、沈静効果や安眠効果を発揮します。
不眠解消や疲労回復で元気になれば、ストレスも溜まりにくくなりますね。

1
HOME
お試しセット